転職活動における成功基準

23-09

例えば、転職活動を一度辞めてするにしても3ヶ月から半年分の生活費+アルファを確保しておく、転職活動を最早辞めたいという極限状態の心理になる前に始めるなどが挙げられます。その法則を検証してみましょう。

また、現状からの逃げではなく、転職する理由を、より良好ものを求めてに設定することで、余裕が生まれます。このように、「今の嫌な現状からとりあえず逃げる」「妥協する」といったことは転職活動は失敗のもと。

「現状からの逃げではなく、転職する理由を、より格好ものを求めてに設定する」という、そうしないために大事なのは、「逃げ」や「妥協」に走らずに済む状態を自分で創り出し、焦りをなくすことで「より好いもの」を転職の本来の目的である求める事に集中させることです。自分を安売りする必要がなくなりますし、高く自信をもったあなたの言動を評価してくれる企業は幾多のはずです。

自信を持って逃げる必要がないので、面接に挑むことができます。まず成功事例を考えるために、よくある失敗例を考察します。

人それぞれと転職の成功基準はなりますが、転職して幸せになった人、ある共通項が成功した人にはあります。そもそも転職活動における成功基準とは何でしょうか。

例えば、転職活動を会社を辞めてからの行った場合にストレスに無給状態がなって、焦って内定を出してくれた会社に決めてしまったなどの事情がこの背景にあるようですが、「今の状態が嫌すぎて逃げたくて、焦った結果内定をくれた会社にとりあえず逃げてしまう」というのは、危険な考え方。業界上位へ現在働いている企業よりも転職すること、年収やタイトルが上がること、従事よりやりがいを感じる業務にできること、など、上昇をキャリアにおけることで指す人もいるかもしれませんが、一方で、バランス良く自分の時間を確保するというワーク&ライフバランスという言葉があるようにプライベートの向上を指す人もいるかもしれません。

一番転職で失敗するパターンで莫大のは「内定を出してくれた企業に焦っていたために、よく考慮せず入社してしまった」です。